冷凍タイプの青汁と粉末タイプの青汁の比較

栄養価が高いのは冷凍タイプの青汁

青汁の比較
青汁には冷凍タイプと粉末タイプの2種類があり、どちらが栄養価が高いのかを比較していきます。

まず冷凍タイプの青汁は鮮度が高いのが特徴で、味に関しても栄養価についても青汁そのものと言うことが出来ます。

ですが粉末タイプの青汁は加工する過程で栄養価が減ってしまい、特に水溶性食物繊維は冷凍タイプの青汁が圧倒的に多いと言えます。このことから野菜をそのまま冷凍した冷凍タイプの方が栄養価が高いと言えます。

粉末タイプには顆粒タイプ、フリーズドライタイプとがあり、両方共冷凍タイプと比較すると栄養価は減ってしまいますがフリーズドライは熱処理を行わないからビタミンの働きは期待できます。

ですが結局形状のタイプでの比較の話なので栄養素は材料の質により異なるので、原料により栄養価が違ってきます。だから商品によって原料も形状も異なるので一概に冷凍タイプだから栄養価が高いとは判断できません。

なので栄養価は形状だけではなく配合されている栄養成分を確認して選ぶようにしましょう。

美味しく飲めるのは粉末タイプの青汁

美味しく飲むことが出来るのは粉末タイプの青汁です。その理由は全体として粉末タイプの方が飲みやすい様に味を整えて仕上げているからで、味の改良の為に他の飲み物を加えてあります。

また料理に使用する際に便利に使えるのも粉末タイプと言えます。冷凍タイプに関しては品種改良を行い従来の青汁と比較すると飲みやいと言えますが野菜本来の味が出ているので青臭さと苦味があります。

利便性が高いのは粉末タイプの青汁

冷凍タイプの青汁の場合は冷凍保存が必要です。そして飲む際には数時間前から解凍する手間がかかります。

さらに一度解凍したモノを再度冷凍したら栄養価が下がってしまいますし、品質も低下するので解凍後はその日の内に飲むようにしましょう。

冷凍タイプの青汁は鮮度が高い野菜を摂取する為に必要な手順ですが粉末タイプと比較するとどうしても面倒な点が多いと言えます。

その事を踏まえると利便性で選ぶ場合は粉末タイプがお勧めと言えます。粉末タイプの青汁なら飲みたい時にいつでもすぐに飲むことが可能です。

さらに1回分ずつ個別包装されているので持ち運びにも適しています。また保存場所に拘らないので家に置いておくだけではなく職場、旅行先にも持っていくことが出来ます。

つまり冷凍タイプの青汁と粉末タイプの青汁にはそれぞれメリットデメリットがあり目的、好みみよって選ぶことが大切です。

一番重視して欲しいポイントは毎日飲み続けることと言えるので無理せず続けることが出来る方を選びましょう。

タイプ別!青汁の選び方【ダイエット効果がある青汁比較 | フルーツ系青汁の飲み方まとめ