葬儀などで家族に負担をかけないために!万が一に備える終活でしておく事は?

日本では平均寿命が80歳ぐらいなので長生きする人も多いですが、万が一という事もあるので残された家族が葬儀をしやすいように終活をする事も大切になってきます。

最近では終活をする人も増えてきていますが、実際にどのような事をすればいいのか分からない人も少なくないでしょう。

そこで万が一に備える終活はどのような事をしておけばいいのか確認しておきましょう。

葬儀社を選んでおく

葬儀をする時は基本的の葬儀社にお願いする事になりますが、実際に準備をするのはすごく大変です。

何もしていないと残された家族がすべて行わなければいけないので迷惑をかけてしまいます。

事前に複数の葬儀社に見積もりを取って一番条件が良い葬儀社に決めておくと家族にかける負担も軽減されます。

法定相続人の優先順位を明確にしておく

亡くなった被相続人が遺産を残していると法定相続人が相続する事になります。

配偶者、子供、両親、兄弟などが法定相続人に該当しますが、遺産分割協議で揉めてしまう事も少なくありません。

そのため法定相続人の優先順位を明確にして遺産分割協議で揉めないようにしておく事も大切になってきます。

銀行口座を整理しておく

亡くなった人が所有していた銀行口座は残された家族が手続きをする事になりますが、たくさんあるとすごく大変です。

休眠口座など明らかに使用していない銀行口座などは解約して整理しておくと家族が手続きをする時に時間もかかりません。

また万が一に備えて銀行口座の暗証番号なども家族に伝えておくようにしましょう。

交友関係を明確にしておく

亡くなった人と交友関係がある人は葬儀にも参列する事になります。実際に葬儀が行われる時に交友関係を把握していないと誰に連絡すればいいのか分からなくなります。

終活をする時は交友関係を明確にして家族に伝えておくようにしましょう。

まとめ

万が一に備える終活をする時は、

・葬儀社を選んでおく
・銀行口座を整理しておく
・銀行口座を整理しておく
・交友関係を明確にしておく

の4点を意識しましょう。また葬儀の内容の説明や費用の準備などもしておくと残された家族も助かるので考えておきましょう。