GMOコインは仮想通貨取引初心者向けのサービスが展開されている

GMOコインは、証券会社としても有名なGMOクリック証券が仮想通貨取引所を開設した物で、GMOクリック証券で培われた多くの金融サービスのノウハウが活かされた取引所として評判を集めております。

そんなGMOコインの持つ特徴を確認すると共に、今後の投資の手段としての仮想通貨取引をGMOコインで行った場合のメリットや特徴について考えておきましょう。

先ずGMOコインは、外国為替証拠金取引(FX)等を取り扱うGMOクリック証券を母体に持っていると言う事から、仮想通貨取引においてもFX等のノウハウを充分に活かす事が出来ます。その為、仮想通貨の取引が初めての方でも安心して取引を行う事が出来ます。

このGMOコインの特徴の1つ目としては、取り扱う仮想通貨は基本的なビットコインを始め、アルトコインと言われるビットコイン以外の仮想通貨の取引も行う事が出来る点です。

主なアルトコインとしては、イーサリアムやビットコインキャッシュ、ライトコインやリップル等を取り扱っており、仮想通貨取引におけるリスク分散を可能にしております。

2つ目の特徴としては、これらの仮想通貨を24時間365日いつでも売買する事が出来る点です。

一般的な株取引やFXの場合、1週間に5日間の取引を行う事が出来ますが、仮想通貨の場合には世界を見据えた365日の取引が可能となっており、GMOコインでもそれに対応出来る様になっております。

3つ目の特徴としては少額取引を可能にしている点です。GMOコインでは仮想通貨の取引を行う際に「レバレッジ」と呼ばれる基本となる証拠金の数倍から数十倍の注文を出来る仕組みが取り入れられております。

一般的なビットコイン取引の場合には最低でも2万円の証拠金が必要になりますが、GMOコインが導入しているレバレッジと呼ばれる仕組みによって、最低の証拠金を2千円からとする事が出来ます。つまり2千円あれば仮想通貨の取引を行う事が出来ると言う事になります。

次にGMOコインで仮想通貨の取引を行う際に必要になる証拠金の入金方法や出金について確認しておきましょう。

GMOコインで仮想通貨取引を行う場合の証拠金の入金は、1回1,000円の入金を最低入金金額として24時間365日いつでも行う事が出来ます。

又、通常は入金の際に発生する手数料も無料となっており利用者の利便性の向上に努めております。

一方出金する場合でも手数料は無料としておりますが、出金の場合には受付時間が設定されており当日の18;00時から翌日17;00時迄の区切りが設けられております。

更に実際にご自身の指定した金融機関の口座への入金は、出金申し込みを行った翌日もしくは翌々日の金融機関の営業日となっておりますので注意が必要です。