学会が認めた有用成分!医学的根拠に基づくガチでお勧めの育毛剤紹介

お勧めの育毛剤
育毛剤と調べるとたくさんのサイトがヒットしますが、それらのサイトって大抵、チャップアップやブブカを勧めていますよね。

しかしそれらの育毛剤に頭皮の環境を良くする、健康に保つということ以上の何かは期待できません。

「医学的根拠に基づく育毛剤ってないの?」
「買う価値のある育毛剤は?」

気になる方も多いでしょう。そこで当記事では、日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」に基づき、薄毛対策に有効な育毛剤をご紹介したいと思います。

効果ゼロの育毛剤に高いお金を支払ってしまうことのないよう、お気を付けください。

ガチで薄毛に良い育毛剤は?皮膚科学会のデータを基におすすめ

アデノシンに注目!

日本皮膚科学会が2017年版の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」には、各薄毛治療の評価が掲載されています。

使用者の性別にもよりますが、フィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルなど、今現在発毛剤として処方されているものは最高ランクのAを獲得し、確かに発毛効果のあることが再確認されています。

https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

そのうえで注目したいのが、アデノシンという成分。このアデノシンは、なんとミノキシジルに次ぐBランク(男性型脱毛症に対する有用性)を獲得。

「アデノシンの発毛効果に関しては、男性に対する有効性を示す十分な根拠があるため、外用治療を行うよう勧める」

とまで書いてあります。つまりアデノシンは日本皮膚科学会に、発毛効果があると強く推定できると認められたのです。

これはどこぞの育毛剤が無根拠に「この成分を用いれば髪が生えます」などと謳っているのとはワケが違います。

数々の検証、試験を経て、アデノシンの発毛パワーが学会に認められたのです。

アデノシンを含む育毛剤

日本皮膚科学会が上記のような発表をしていますから、現状、ミノキシジルなどの発毛剤を使用するのはイヤだという人は、アデノシンの含まれる育毛剤を使用するのが良いといえます。それではアデノシンが含まれる育毛剤はどれかというと、資生堂の「アデノゲン」です。

むろんアデノシンは発毛成分としてはミノキシジルに劣るわけですから、強い発毛効果を期待することはできません。

しかし使えば、もしかするとその発毛パワーが目覚めてくるかもしれません。あくまで育毛剤の中ではマシというだけですが、発毛効果の全くない成分しか含まれていない育毛剤を買うよりは、資生堂アデノゲンを買ったほうが断然良いでしょう。

しかし怪しい部分も

しかしアデノゲンには怪しい部分もあります。それは育毛成分アデノシンがどれだけ配合されているのかを明記していないこと。

皮膚科学会のガイドラインには、アデノシン0.75%が、ミノキシジル5%と同等の発毛効果を発揮したという記載もあり、ごく少量でも期待のできる成分ではあるのですが――0.01%とか、それくらいしか配合されていなかったら、効果は相当に落ちるでしょう。

アデノゲンにはいったいどの程度のアデノシンが配合されているのか、それは不明です。

アデノシンがほんのちょっとしか含まれていないのにアデノシン配合を謳う。

そのような小狡いことをよもや資生堂さんがするとは思えませんが、公開しないのにはやはり何か理由があるのかと考えないわけにはいきませんね。

税込2,376円

アデノゲンは資生堂の公式ショップだと50ml入り1個が2,376円(税込)とかなり安いです。

他の全く効果のない育毛剤が1万円弱くらい設定しているなか、有用成分アデノシンを配合したこの育毛剤がたった2,376円。コスパもなかなかのものです。

まとめ

アデノシンは、男性型脱毛症に対する有効性が認められている成分であり、それを含むのは今のところ資生堂アデノゲンだけです。

値段も安いですし、他の育毛剤よりはかなり良い商品だと言えるでしょう。